アクセスカウンター
                                                                                                                           


                       

        

                                                                                                                                                                                                                                                                                             

最 近 の 出 来 事                               
                      ミシン 修 理 あ れ こ れ          
某月某日

修理ミシンのご持参があった。D9000だ。10数年前の人気刺しゅうミシン。
直線縫いは出来るがジグザグ縫いが出来ないというお話。

                          

幸いにもLCDモジュールは表示、タッチパネル共正常のようなので、
基板、ジグザグ用パルスモーターなどの電気系統か針棒や揺動レバー
付近の固まって動かないと検討をつける。
油などで固まっているのはOKだが、電気関係の故障は補給部品がメーカーに無い為困る。とにかくお預かりする。




某月某日


開店まもなく、修理持込で来店。修理ミシンは刺しゅうコンピューター
のスヌーピースタジオソレイユ(B983型)。
                               
今使っていたらボタンホールが途中でできないときがある。スタートの時もピッピッーと警告音がしてスタートしないときもあるのヨ!
”  
この、時々おかしくなる・・・というのが少々面倒。故障症状が一定していてくれたほうがかえってありがたいのだが。
かなり急いでいる様子。
電気関係がどこかおかしいらしい。
そうこうするうちに電話が入る。来店者がある。
午前中、私一人だ。
そんな私を見てお客さんは、時間がかかりそうと思われたのか       ”ちょっと買い物に行ってきます。”終わったら携帯に電話して・・・
当店はショッピングセンターの駐車場中にあるので、向かいの食品スーパーに買い物を兼ねて来店される方が結構多い。
                                       

久しぶりにテスターでボタンホール関係の導通、抵抗値を調べるとボタンホールレバー(青いレバー)の位置がおかしい。
関係箇所を全部ばらして基準値に再調整。細かな仕事だ。  
だから目が悪くなる。
組み付けて試し縫いするとキレイにできるようになる。
ヤレヤレと思いながら5〜6個ボタンホールを縫っていると、
              ピィピィーとあのいやな音がしてスタートしない。
又、バラスハメになる。
結果はレバーを上下する際にON・OFFするスイッチの錆だった。
ペーバーでの研磨で一件落着。

当店でCPミシン・糸取物語を購入客の為   修理費 ¥0-。  





某月某日


今日は小郡まで配達。約1時間かかる。
出荷先は若夫婦。仲良く迎えてくれた。
若いからか、飲み込みは早い。しかも主人は実家が畳やさん?
結構詳しい。
この間チラシを見て安いミシンを一度北九州の業者さんに注文したんですよとご主人。

きた人、ミシンを出すなり、これはだめですよ!オススメは、・・。
と30万のミシンを出すんですからね。
差がありすぎますよ。すぐ帰ってもらいました。
              若いがしっかりしている。

そういえば、この付近にはミシン屋さんが少ない。防府・山口と結構人口はあるのに。
このあたりも、ミシンを利用しての怪しいチラシが多いのだ。   




某月某日

                          

下松市へ修理の為移動中、携帯がなる。下松市○○町のY様より修理依頼。○○町は結構近い。目的地は約束まで 時間があるので、寄ることにする。 電話をして5分後に行ったので、おばあちゃんはビックリしていた。
修理品は30数年前のコンパルエース。針板、釜に無数のキズ。
糸が切れる筈だ。糸も又古そう。
ペーパーでキズを研磨。針糸通し位置調整。ミシンランプ交換。

部屋の蛍光灯も交換してくれんかのぉ。買ってはきとるんだが、よお換えんのじゃ〜。
コタツに上がって交換。結構明るくなるもんだ。
おばあさん。話好きでそばで世間話から年金の不満まで話続ける。
しかたなく修理費¥1,000-に。





某月某日


朝、掃除をしていると店の前にスーパーカブに乗ったおじいちゃんが止まった。けっこうレトロなカブ号だ。なつかしいなァ。私も、高校の頃こんなカブ号に乗っていたものだ。

そのおじいちゃん、荷台から小さなダンボール箱をおろすと入ってこられた。私より背が高い。180cm近くある。しかも姿勢がよくスラリとしておられる。先々こんな風にならないと・・・余計なことを考える。
テレビで買ったんじゃが使えんから直してやり方を教えてくれんかのぉ〜。イメージとはちょっと違う口調で第一声。
箱をみるとまだ綺麗だ。外箱に○○文化センターと印刷されている。
箱を開けるとビニールに包まれた真新しいミシンが見える。
別のビニールには取り扱い説明書、保証書らしきものがある。
日付を見ると2週間前だ。最近のTVショッピングのミシンは興味があるので早速取り出す。
2万近く出したんじゃがわからんのじゃ。とおじいちゃん。
どなたがつかわれるんですか。奥さん?
うんにゃ。わしが使おうとおもってのぉ。女房は目が悪いから使やぁせん。わしがするんじゃ。わしゃぁ若いときからのぉ・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


10分後にはこのおじいちゃんが82歳でおばあちゃんと2人暮らしで
戦争はどこに行き奥さんはどこから嫁にもらい子供さんは何人でどうしているという事が教えて貰う。元気なもんだ。

ようやくミシンを見る。
ガシャリンコン、ガシャリンコンと動く。ほとんど樹脂製だから仕方ない。
スピードを速いに切り替える。
ガシャ、ガシャ、ガシャ・・・・。ちょっとやかましいが機構的に特におかしい所はないようだ。
雑巾が縫えんのジャ。とおじいさん。 
動いているはずみ車をそぉ〜とつまんで見ると簡単に止まる。
布押さえの押さえ棒もつまんで持ち上げると軽く上下する。
これでは無理。
構造的に、これだけのミシンなのだ。
おじいちゃんに説明すると、それまでのおだやかな口調から俄然怒り出した。こっちが怒られてもかなわないが気持ちはわかる。
せっかくの年金で思い切って買ったのに・・・・・。

 
結局ミシンは必要ということで、電子ミシン店頭表示価格 49,800円のミシンを買って頂く。通販ミシンは5000円で引き取って上げる事にする。




某月某日

     
携帯に修理依頼の連絡。
3本糸糸取物語で何か部品がはずれたとの事。              財務名人で検索すると5年前に電子ミシンとセットで買っていただいた方だ。早速訪問。針棒にピンで取付けてある針棒台?がはずれている。取り付けピンの締め付けネジがはずれたらしい。  修理費¥0-



某月某日

                               

先月から学校関係の調整依頼が続いている。ミシン保有台数が多い学校になると50台を超えるから1日では終わらない。
今日、ある小学校に修理預かりのミシンを返しに行ったら、ちょうど授業中。
調子が悪いミシンがあるとの事。教室の隅で授業に邪魔にならないようにミシンに触る。
それにしても、にぎやかなこと。大きな声でおしゃべりをする子供たち。隣の子をこずいている子。2〜3人で教室の中・廊下を走り回る子。
先生は大きな声で注意しているが、完全無視。ほとんどの子はまじめに課題に取り組んでいるが数人の子供たちのおかげで授業は大変!自分の時代ではとても考えられない!
これがうわさの”学級崩壊”だろうか?





某月某日

”スーパー糸通しができない”という修理依頼が最近目立つ。
今日も1件電話。先月買ってもらったミシンの糸通しが出来ないとの事。早速お伺いする。お客さんは75歳の奥さん。
2階の6畳の部屋はミシン2台・ロック・アイロン・布が入ったたくさんの箱。普段は誰も入れないが、特別に入室を許可される。
修理自体は簡単。糸通しの位置決めとフックの修正。

最近、洋裁や手作りを楽しむ人が多くなったと感じる。
長い間に溜め込んだ布に囲まれて、自分の城で誰にも邪魔されずに好きな手作りに没頭することができる。
目も見えにくい・・・。肩も凝る・・・。いろんなグチを言いながら元気だ。
1時間近く苦労の作品を拝見した。

修理費 ブラザー工業保証請求      顧客負担¥0−





某月某日

今日は日曜日。
日ごろは外を出歩いているのでデスクワーク。修理品が昨日5台持ち込みがあるので朝から処理してゆく。
            
昼過ぎ、ボビンと糸が1個ずつ欲しいとTELあり。
先日のビールのおばあさん。
「買いに行けばいいんだが、足が悪いからよう行かん。下糸の巻き方もわからんから持ってきてついでに教えて欲しい。すまんが急ぐんじゃが」とおばあさんの声。 
店から1kくらいのところ。
留守番もいないので仕方なく店を閉めてゆく。
先月かってもらったおばあさんが、袋を孫用に作っている。
            
ミシンの操作説明最初からする。 
店を閉めているので急いで説明したが、
まだよくわかっていないな〜。
暇を見て又来ないとまずいかな〜と思う。
            
部品代¥480-





某月某日

明け方雨が降ったが7時頃にはきれいにあがって空は快晴。
久しぶりにビスを連れて遠出の散歩をする。
今日のコースは、冠山総合公園の裏手からコバルトライン(瀬戸内海の見晴らしが結構オススメ)をノンビリして 千坊山を登ることにする。
朝の雨で道路は濡れて、ブナの葉も朝日に輝いている。
マイナスイオンがたっぷりだろう。



        
                                        写真・・・光市観光案内より

往復6K位、約2時間近くかかる。
今日は日曜日からか、ジョッギングやバードウオッチング、夫婦での散歩の人が多い。
3日に1回はこのコースを歩くので名前は知らないが顔見知りの人も結構出会う。
あのおじいさんにも今日も出会う。
この人は80代半ば、背が高くやせてはいるが姿勢がいい。
海岸コースでも時々出会う。朝5時頃から毎日2〜3時間歩くそうで笑顔一杯、いつも元気そうだ。ストレスをしっかり分けてあげたい。

異変は帰りの下り道をだらだら歩いているとき起こった!
早朝の雨でアスファルトの道はまだ濡れておりその為かこのあたり周囲の草薮、山からミミズが何匹も道路を這っていた。大きいのは30Cm近くもある。
このあたりは山頂近く、人もいないのでビスを紐からはずし私の2〜3m位前を歩いていた。
よけながら歩いていたのだが、何を思ったのかビスが一匹のミミズを鼻先で”フンッ”(僕にはそう見えた)と鼻息をかけてそのままスタスタと歩いて行った。
           まあ〜ビックリした!
なんとその”ミミズくん”突如起き上がったではないか。
起きるや否や、すぐらせん状に丸くなってビスの後を追いかけて 行くではないか。・・・・・その姿は、あの白井選手が床運動で連続前転宙返りをする姿にもにて、思わずビスの身が心配になり
               ビス、逃げろ!”
と叫んでしまった。
ミミズくんはそのまま薮の中に見えなくなったけど、たいした奴と今でも思う。





某月某日

書き込みをソロソロしなくては・・・と思いながらいつのまにか3ケ月。書きたいことは結構あるのだが、ついつい日々の仕事や雑用優先になる。

朝夕なんとなく涼しくなってきたからでもないだろうが、最近修理依頼が増えてきたようだ。
といっても本格的な修理はめったになく操作説明が多い。
しかしそれだけ使う人が多いということで良いことなのだろう。
きのうも”すぐ来てくれ”との電話。
行って見ると、先日買ってもらったおばあさん。
”使い方がわからん”との事。
購入された時にも、店で小1時間説明したのだが、忘れたようだ。
70代の主人も”一緒に覚えよう”と缶ビールを持って隣に座り込まれた。
私の前にも、冷たいゼロのビールを置いて・・・。
おばあさんも、”すまんのオ〜。残り物だが”といいながら冷蔵庫からツマミを取り出す。
がぜん、力がわいて結局酔い覚ましを兼ねて夕方まで、半日すごす。
おばあちゃん。これでもう覚えただろうなあ。まあ、又来てもいいけど。 







某月某日

我が家には7歳になる雄のラブラドールがいる。名前は”ビス”。徳山の山中にある専門店に予約して手に入れた。11匹の中で店の方から選んでもらった。
さすがに最初はかわいかったが月日と共に買主に似てきたのだろう、あの面影は見事に消えている。







大きな犬だけに散歩をいつもせがむ。
運動不足解消の仲間だから、家では私が中心に散歩をする。
いつのまにか自然と散歩するコースが決まってきた。
そんな中でお気に入りは砂浜を歩くサザンコースと家の裏から山中に入る山岳コースだ。
特に山岳コースは約1時間30分、毎日連れて行くのはこちらの都合上つらいが私も気に入っているので少し写真で紹介。


   

                          これはサザンコース          


 

                        これもサザンコース


遠くに見えるのは峨嵋山(がびさん)象鼻ヶ岬(ぞうびがさき)
時間のある時は一周するが半日かかる。ビスは大喜びする。
最近の出来事、修理報告記