misin.jp お知らせ JUKI、“厚手生地縫いに適したシンプルなミシン”をお求めやすい価格で品揃えに追加
JUKI、“厚手生地縫いに適したシンプルなミシン”をお求めやすい価格で品揃えに追加
2022/03/25
プレスリリース
JUKI株式会社(本社:東京都多摩市、社長:内梨晋介、以下「JUKI」)は、厚手生地縫いに適した機能を盛り込み、お求めやすい価格でお客様ニーズに応えた直線縫い専用ミシン「職業用ミシン SL-100」を、パーソナルユースを対象に3月25日より発売します。



職業用ミシンは直線縫いに専用化された機能を有したミシンです。最高縫い速度は通常の家庭用ミシンの約1.5倍~2倍(1,500針/分)で、生地の送り力や針の貫通力も強く、薄手生地から厚手生地まで、生地を選ばず美しく仕上げることができます。JUKIの職業用ミシンは、世界トップクラスの工業用ミシンの技術を取り入れた縫いの安定感と家庭用ミシンの手軽な操作性を兼ね備えたミシンとして多くのユーザーに愛用されています。

SL-100は、革・合皮・デニム・帆布などの厚手生地を縫うための機能やアクセサリーを充実させました。厚手生地縫製用の20 番糸の太糸まで使用できる上、糸調子の調整も最小で設定できるようにしました。また厚手生地縫製専用の押えや針板を標準装備しました。

昨今のコロナ禍で生活スタイルが変化する中、デニムや帆布、レザークラフトでの本格的な作品作りのニーズが高まっています。当社は、厚手生地縫いを強化した職業用ミシンのハイクラス製品(SL-700EX/2017年発売)や株式会社ニッピ機械(本社:兵庫県加西市、社長:青田崇)が発売(2020年)したレザークラフト用皮すき機(NP-S7)を使ったレシピの提供やワークショップの開催などで作品作りのお手伝いを行ってまいりました。

SL-100はレザークラフトなど、厚手生地を用いた作品作りの入門機として、お求めやすい価格で、シンプルながらも要求ニーズを満たした製品です。

当社は、今後もホームソーイングの間口を広げ、ホビーを楽しんでいただくための製品やサービスを提供してまいります。


厚手生地縫製のための機能

1.太糸専用の上糸掛けと糸調子
厚手生地縫製に使われる太糸専用の上糸掛け機能を設けました。糸調子を大きく強める必要がなく、糸締まりの良い縫い目を作ることができます。また、ヨリの強い糸でも、ヨリ戻りや糸暴れを防止し、安定した糸調子できれいな縫い目を実現します。





2.厚手生地用針板を装備
針穴を大きくし、糸逃げ溝を深くしました。厚手生地と太糸を組み合わせた際の縫い不良を防ぎ、糸締まりも良く仕上がります。 *標準針板は別売りとなります。



3.厚手生地用押えを装備
押え裏の糸逃げ溝が深くなっているため、太糸でも糸締りが良くなります。皮革生地も押えに生地が貼り付くことなくスムースに縫うことができます。 *標準押えも付属しています。




普通生地、薄手生地もきれいな縫いを実現

1.職業用ミシンの特長
普通生地、薄手生地も安定した縫いができます。別売の普通生地/薄手生地用針板の使用により、9 番針まで使用範囲を広げられるため、オーガンジー、ジョーゼット、ローン、キュプラなどの薄手生地もきれいに縫製できます。

2.押え圧調節
薄手生地から厚手生地まで素材に合わせて、わかりやすい目盛表示で、押え圧を簡単に調節できます。

3.ドロップフィードを標準装備
送り歯をつまみ操作でアップ・ダウンできます。ドロップフィード押えを使用することにより、キルトのフリーモーションやフリー刺しゅうができ、作品の幅が広がります。


◆希望小売価格【国内・税別】
職業用ミシン SL-100 155,000円
◆発売日   2022年3月25日

■JUKI株式会社について
世界のアパレル産業を支える工業用ミシンの分野において、世界トップのミシン総合メーカーです。1938年の会社設立以来、本社のある日本を中心に、世界100ヵ所以上に拠点を構え、製品をお使いいただいている185カ国以上のお客様をサポートしています。家庭用ミシンは、工業用ミシンの技術を取り入れた縫いの安定感と個人ユース用の手軽な操作性を兼ね備えたミシンを展開しています。

所在地 東京都多摩市鶴牧2-11-1
設立日 1938年12月15日
https://www.juki.co.jp/


JUKI
SL-100
職業用ミシン
misin.jpで詳細をチェック
一覧へ戻る